サポートエンジニアとは?

サポートエンジニアの仕事内容紹介

ユーザーが使い安いようにユーザーをサポートするのがサポートエンジニアの仕事です。

実際に働く田岡 浩樹の一日に密着

起床 4:50~6:30

起床後は、すぐに朝食の準備を行ないます。簡単なミルクを温めている間にトーストを焼きます。その間に目玉焼きを作ります。朝ごはんの準備が終ってから会社に行く準備をします。

朝食は食べないで20分でシャワーをします。シャワーは5:40までに終わらしてドライヤーや化粧をします。それで時間は6:10になるかならないかです。そこから朝食を食べます。毎日がこんな状態なので朝食を食べる時間が無くで夕食になる時もしばしばあります。

通勤 6:30~8:30時間

会社の近くに家を探しているのですが、まだ気に入る物件が見つかっていないので2時間程の時間をかけて通勤しています。通勤中は、仕事でなるべくユーザーの質問に素早く対応できるように、新しい分野の知識を増やすという考えもありますが、覚えていることを徹底して反復練習して覚えています。同じことをする事で対応の速度を上げて時短に勤めようと思っています。

出社 午前中の業務 8:45~12:00

午前中は、ユーザーからのメールの問い合わせが無いか確認します。本日はありませんでしたが、ある時は、ユーザーにメールで対応するか電話連絡をして問題を解決させます。

問題がすべて解決すれば通常の作業を行います。

お昼休憩 12:00~13:00

この時間は、同じ部署のスタッフ同士で午前中の作業の話を中心に話しながら食事をします。自分が解決した問題でも部署でその事を共有しないと同じ問題の時に対応が遅れてしまうのでそういうことは避けなければいけません。

午後の業務 13:00~18:00

午後からが本格的な業務にはいります。サポートエンジニアの仕事は、システムの障害がおきた原因を追究し特定すること、使われているシステムの使い方についてのアドバイスを行うことです。これ等の業務を午後は継続的におこないます。

カテゴリー: ITのお仕事とは   パーマリンク